家づくりを成功させるために その一

家を建てよう、買おうと思ったときに、「何から始めればいいか分からない」というご相談をよくいただきます。「家を建てる」場合、大雑把に言うと下記のようなプロセスが考えられます。

  • ライフスタイルをイメージする
  • 情報収集する
  • 建築会社を決める
  • プランを作り上げる
  • 家を建てる

さらに各項目について、いろいろやらなければならないこと、考えなければならないことがあります。

また、土地の有無も関係してきますし、さらに大きな課題として資金計画も重要です。

今回はこれからのライフスタイルをイメージする上で、編集部が考えてほしいと思っていることを記載します。

理想のライフスタイルをイメージする

まずは、自分たちがどのような暮らしをしたいか考え、家族と話し合うことが必要です。最初は具体的なディテールを考えていくというよりは、「住宅」にどの程度の重きを置くか。分かりやすく言い換えると、「住宅」にお金を掛けるのか、それとも「暮らし」にお金を掛けるのか、と言い換えても良いかもしれません。

住宅の形も多様化しています。群馬に於いては戸建て住宅が主流ではありますが、一生、賃貸住宅で暮らすという選択肢もあります。

また、住宅を取得すると言っても、下記のような選択があります。

  • オーダーメイドの注文住宅を建てる
  • セミオーダーの規格住宅を建てる
  • 建売住宅を購入する
  • 中古住宅を購入する
  • 既存住宅や中古住宅をリフォーム・リノベーションする

予算をはじめとして、さまざまな要因が絡みますので、理想だけではなく現実的な視点も交えながら考えていく必要があります。

多くの人にとって、住宅を取得するというのは「一生に一度」級の大きな買い物です。ほとんどの場合は長期の住宅ローンを組み、返済し続けることになります。

ですから、収入と支出のバランスはとても大事です。教育費や老後資金といった現実的な費用を考えなければならないのはもちろん、例えば「毎年、家族旅行に行きたい」「ステキなレストランで食事したい」など、暮らしを彩るものは住宅だけではありません。どこを重視したいかは、人それぞれです。「家で過ごす時間が一番大切」という人も少なくありません。

そういった点も考慮した上で、住宅ローンの返済が日々の生活に重くなりすぎないようにバランスを取ること、そこに月々の光熱費(新築の場合は性能向上により軽減されることも多い)や固定資産税が掛かってくることも忘れないようにしたいものです。

さて、そうはいっても費用感が分からない、住宅ローンはどの位借りるのが適正なのか、いくらくらい貸してもらえるのか分からない。こうした疑問は家づくりではよく出てくる問題です。

そうしたことを一つずつ解決しながら前進していく必要があります。